セルフシェアレート適用のルールについて教えて下さい

フォローする

セルフシェアとは、先生/主催団体ユーザーが、シェアパネル内の機能を使って自主的に講座ページをストアカの外に発信して告知することを指します。

セルフシェアのURLから入った受講予約の手数料には、自主的な集客への対価として、基本レートより10%低いセルフシェアレートを適用させていただきます。

 

【セルフシェアレート適用の仕組み】

  • 先生/主催団体さまが、シェアパネル内の機能(シェア用URLコピー、ブログパーツ、各種SNSシェアボタン)のいずれかを使って、講座ページをシェアします。
  • シェアパネルからシェアされたURLにはトラッキングコードがついており、そちらをクリックしたユーザーによる受講予約が、先生/主催団体さまのセルフシェアレート対象の受講予約と認識されます。

 

【対象外となるケース】

以下のケースについてはセルフシェアレートの対象とは認識されませんので、ご了承ください。

  • シェアされたURL以外のページからストアカにたどり着いたユーザーによる受講予約
  • ストアカが発行するメルマガ経由で発生した受講予約
  • 登録済ユーザー向けのお知らせ配信を使って案内されたメールから発生した受講予約
  • シェアパネルを使わずに直接ブラウザーから取得したURLをシェアした場合
  • シェアパネルから取得したシェア用URLに加工が施され、システム上シェア用URLと判別できない場合
  • シェア用URLから来たユーザーが連続で複数の予約を行った場合:1つ目の予約のみがセルフシェアの対象となり、2つ目以降の予約については対象外となります。
  • 複数の異なる講座のシェア用URLを経由したユーザーによる予約:ユーザーのセッション毎にトラッキングコードは一つしか認識することができず、複数経由する場合は最後にクリックされたシェア用URLのトラッキングコードが適用対象として上書きされる仕組みとなっています。ご自身のシェア用URLから入ってきたユーザーが、予約する前に別の講座のシェア用URLをクリックしてしまうと、予約はセルフシェアの対象とはなりません。
  • ユーザーのブラウザのCookieが無効となっている場合:トラッキングコードの判別が出来ないため、セルフシェアと認識されない場合があります。

 

【禁止事項】

以下のケースについては不正な利用と見なされる場合がありますので、ご了承ください。

  • ストアカに訪れたユーザーに対して、シェア用URLから予約し直してもらうためにURLを提示あるいは設置する行為
  • 短縮URLの使用によりシェア用URLのリンク設置を故意に隠すような行為
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk