セルフシェアレートについて教えて下さい

フォローする

【セルフシェアとは】

セルフシェアは、先生/主催団体ユーザーが、自分の講座ページや教室ページをストアカの外に魅力的なリンクとして発信することで、ご自身による集客を行いやすくするツールです。

セルフシェアを使ってシェアされたURLを経由して入った受講予約に対しては、ストアカの手数料が、通常レートより10%低いセルフシェアレートが適用されます。

セルフシェアを活用する先生/主催団体ユーザーさんが増えるとストアカ全体の流入貢献にもなりますので、運営事務局としても積極的な活用を推奨・応援しています。

 

【セルフシェアのやり方】

「シェアパネル」というセルフシェア専用のメニューから、各種シェア機能を選んで、教室ページ或いは講座ページのURLをシェアして頂くだけで簡単にできます。

シェアパネルは、先生マイページの集客メニュー或いは教室ページや講座ページのコマンドメニューからも起動できます。

 

【セルフシェアの仕組み】

先生/主催団体がシェアパネルの各種シェア機能を使ってURLをシェアすると、URLをクリックしたユーザーに専用のトラッキングコードが付与され、

そのユーザーがその先生/主催団体の講座に受講予約もしくは受けたい登録をした際に、セルフシェアレート対象の判別がされる仕組みになっています。

シェアされたURLが教室ページでも個別の講座ページでも、先生/主催団体が開催するどの講座に対する受講予約でも、セルフシェアレート対象となります。

 

機能

セルフシェアパネル機能

教室ページ

講座ページ

シェア用URLコピー

セルフシェア用の教室ページや講座ページのURLをコピーしてメールなどで送ることができます

✔︎

✔︎

各種SNSシェアボタン

Facebook / Twitter / Lineに、URLを直接投稿できます

✔︎

✔︎

ブログパーツ

ブログやウェブサイトに埋め込めるブログパーツが作成できます

✔︎

✔︎

チラシ/QRコード

QRコードやQRコード付きのチラシの印刷ファイルがダウンロードできます

✔︎

 

 

【受講予約に対してのセルフシェア認識のメカニズム】

  • 先生/主催団体が、上記のシェアパネル機能のいずれかを使って、トラッキングコードが付いた教室ページあるいは講座ページのURLをインターネット/SNS上でシェアします。
  • シェアされたURLをブラウザ上でクリックしたユーザーが、対象となる先生/主催団体の講座に対して受講予約を完了すると、セルフシェア対象がシステム上認識されます。
  • シェアされたURLをブラウザでクリックしたユーザーが、対象となる先生/主催団体の講座に講座に対して、受けたい登録を押した場合は、トラッキングコードが一旦保存され、後日そのユーザーがその講座に最終的に受講予約をした場合に、セルフシェア対象がシステム上認識されます。
  • トラッキングコードは、シェアされたページをクリックした後に「アプリで見る」をクリックしてストアカのiOS/Androidアプリに移動してから受講予約が完了された場合でも尊重されます。
  • トラッキングコードの有効期間は2週間です。クリックから2週間以降の受講予約に対してはセルフシェア対象の認識は確約されません。

【先生/主催団体が自分のセルフシェアの影響を確認するには】

  1. 先生/主催団体ユーザーは、開催日程ごとの予約管理画面で、参加者がセルフシェア経由予約したかどうかを見ることができます。
  2. また月次の売上管理画面では、開催日程毎および月次売上の全体の両方に対して、売上におけるセルフシェア貢献の内訳を確認することができます。

 

【セルフシェアの認識対象外となるケース】

以下のケースについてはセルフシェアの対象とは認識されませんので、ご了承ください。

  • シェアされたURLをクリックしたユーザーが2週間以上受講予約をしなかった場合

  • 先生/主催団体ユーザーが、シェアパネル機能を使わずに、直接ブラウザからコピーした、トラッキングコードの付いていないURLをシェアした場合

  • シェアパネルから取得したURL或いはトラッキングコードに外部から加工が施され、システム上判別できない場合

  • 予約したユーザーのブラウザのCookieが無効となっており、システム上トラッキングコードの判別が出来ない場合
  • シェアされたURLをユーザーが一度もクリックせずに、ユーザーが独自にウェブやアプリを駆使して同じ講座にたどり着いて完了した受講予約(クリックしないとトラッキングコードが保存されません)

  • ストアカが発行するメルマガからのクリック経由で発生した受講予約
  • 先生/主催団体ユーザーが、ストアカの登録済ユーザー向けのお知らせ配信機能を使って案内したメールからの、クリック経由で発生した受講予約

 

【不正行為】

以下のケースが見られた場合、セルフシェアを乱用する不正な利用と見なされて警告対象となる場合がありますので、ご了承ください。

  • ストアカに訪れたユーザーに対して、講座ページ上の文言や短縮URLなどを用いて、初回訪問者をあえてシェア用URLから予約し直してもらうために誘導および促す行為

 

参考①:教室ページとは

参考②:チラシ作成機能とは

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk