受講料は幾らに設定したら良いですか

フォローする

受講料は最低500円から先生・主催団体側が自由に設定できます。(品質担保の観点から無料のイベントはお断りしております)上限はありません。

 

設定できる受講料の形式は以下の通りです:

  1. 単発受講で都度払い
  2. 継続受講で、単発参加毎の支払いがOK
  3. コースで一括払い(2回〜)

の3つの形式で講座を提供する事が出来ます。

入会金の徴収や、継続月謝を前提とした受講料を提示する事は、ご遠慮下さい。

 

適正な価格の考え方について:

  • 受講者が享受するメリットに対して適正と思われる価格を、生徒さん一人当たり一回参加あたりの金額で定義して下さい
  • ご参考までに多くの先生が集客に成功されている価格帯の目安が以下になります。

    目安:   一回90分程度、定員数 10人で 一人あたり 3,000円 ~ 5,000円 

    応用例: 3時間のセッションで 6,000円

    応用例: 5回 x 120分のコースで 30,000円

  • 上記はあくまで目安で、受講料の適正価格はスキルの需要と希少性、講師としての認知、定員数、競争環境などにより変化します
  • 最終的に受講者が先生としてあなたが提供する体験やスキルの価値に納得して頂ければ、上記に囚われない価格で成功されている先生もいらっしゃいます

受講料の変動について:

  • 受講料は予約受付中のみ変更できませんが、開催後に変更することは可能です
  • 実績を積み上げることにより価格を上げて行くことに成功される先生もいらっしゃいます
  • 但し過去に受けた方への公平性という意味では、講座内容にどういった背景で価格を変更されたのかを明記しておく方が後々のトラブルを回避できます(例:「少人数制により価格を引き上げます」「ワーク部分を追加しましたので価格変更しました」など)

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント