開催リクエストを受け取るには

 

 先生機能主催団体

「開催リクエスト」とは、募集している開催日程で都合がつかない場合などに、生徒が先生に希望の開催日時を送信できる機能です。

ご注意ください

「開催リクエストを送付したのに、先生から返信がこない」というお問い合わせが増加しています。開催リクエストはメッセージとして受信されますので、新着のメッセージの確認は適宜おこないましょう。開催リクエストの対応が難しい場合は、講座ページに注意書きを記載したり、講座の公開を一時的に取り止めたりするなど対応をおこないましょう。

 

開催リクエストを受け取る設定にしましょう

先生マイページ>講座編集画面>開催リクエストを受け付ける にチェックが入っていることを確認してください。

「開催リクエスト」受付設定の変更方法

PC________________ON______2.png

 

<ここでひと工夫>

開催リクエストにハードルを感じている生徒も多いため、講座ページに下記のような内容を追記しましょう。

--開催リクエスト受付中---------------------

開催リクエストも受付中ですのでお気軽にお問い合わせください!

平日:18〜22時、土日:9〜13時/19〜24時で調整可能です。お気軽にメッセージください!(できるだけ複数日程いただけると助かります。)

----------------------------------

このように記載があると生徒から「開催リクエストを送ってもいいんだ」と思ってもらえるだけでなく、日程調整も楽になります。

 

__________2020-10-22_13.36.38.png

 

生徒と日程の調整をしましょう

開催リクエストはメッセージとして受信されますので、メッセージページで、生徒と日程の調整をしましょう。

__________2020-10-22_13.54.24.png

 

調整した日程を追加し、生徒に予約してもらいましょう

開催日が確定したら、生徒から予約をいただく必要があります。

①開催日程を作成

②講座ページのURLを生徒の方へ伝える
※その際、手数料が10%になる自己集客URLをお送りし、そこからご予約いただくようにしましょう。
どのようにすれば自己集客となりますか
③生徒に予約してもらう

④講座を開催する

必ず予約が確定したことを確認してから、講座を開催してください。

 

開催リクエストは、生徒から開催を希望する日時を直接リクエストしてもらえる便利な機能です。
リクエスト受け取ったら、開催成立までお互い気持ちの良いやりとりを心がけましょう。

 

<関連する質問>

開催リクエストを送るには

どのようにすれば自己集客となりますか

 

 

サポートの改善にご協力ください。この記事はお役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の内容で解決しない場合は、
お手数ですが下記よりお問い合わせください。

サポートに問い合わせる