2019年10月リリース情報

2019/10/10

先生機能 主催団体

新機能「生徒管理」をリリースしました

生徒管理は、受講した生徒との関係構築をつくり、リピーターの接客・集客のための機能です。
生徒管理機能では以下のようなことができるようになります。

  • 受講した生徒にタグやメモをつけることができるようになりました。
    • カルテのように受講した生徒との様々な履歴などを記録することができるようになります。
  • 生徒の受講履歴や予約状況(*1)が閲覧できるようになりました。
    • 該当の生徒がいつどの講座を受講したか、どの講座を予約しているかが把握できるようになります。
  • 検索した生徒にメッセージやお知らせメールを送ることができるようになりました。
    • 様々なターゲットに講座の案内をすることができるようになります。
  • お知らせの本文をテンプレートとして保存したり、複数の講座のURLを自由に挿入したりできるようになりました。
    • お知らせ配信をより効率的におこなえるようになります。

*1 先生(主催団体)自身が開催する講座への受講履歴と予約情報のみが閲覧できます。他の先生の講座の受信履歴は見ることはできません。

お知らせ
2019年10月10日より、過去講座を受講した生徒と「受けたい登録」している生徒へのお知らせ配信方法が変わりました。
過去講座を受講した生徒へのお知らせ配信
操作手順: 「生徒」
受けたい登録をしている生徒へのお知らせ配信
操作手順: 「講座管理」 > 「集客」
*それぞれの配信方法は下記リンクをご参照ください。

詳しい使い方は、下記のヘルプをご参照ください。

サポートの改善にご協力ください。この記事はお役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
サポートに問い合わせる