対面形式の講座開催・受講の手引(6/12更新)

_____________1_.png

2020年6月12日更新

 

緊急事態宣言の解除、東京アラートの解除などの状況を踏まえ、「対面形式の講座開催・受講の手引」を作成・公開いたしました。

今後、対面講座の再開を検討されている先生/主催団体のみなさま、対面講座の再開を楽しみにされている生徒のみなさまにおかれましては、当手引をご確認いただき、参加する皆さまが感染対策に協力して講座に開催・参加いただきますようお願い申し上げます。

 

対面形式の講座開催・受講の手引

対面形式の講座に参加される皆さまへ

対面形式の講座に参加される皆さまは、自身が取れる感染防止対応としてご参考ください。
予約をする際は、その講座の先生/主催団体の感染リスク対策をよくお読みになり、その対応に同意できた場合に予約をしましょう。不明点がある場合は、事前に先生/主催団体にお問い合わせください。
*講座を予約をした時点でその講座の感染症対策に同意したものとなりますので、原則感染症対策に不備や不満がある等を理由に返金を要求することができないことを十分に理解した上でご予約をしてください。

 

対策案)マスクを着用し参加する

講座に参加する場合は各自マスクを持参、講座中は着用しましょう。


対策案)開催当日は体温を計測する

開催日当日は各自検温をし、37.5度以上の発熱、喉の痛み、咳、強い倦怠感などの症状がみられる場合は無理せず、参加を中止しましょう。


対策案)講座開始前、講座終了後は手洗い・消毒をおこなう

開催場所へ入室する際、退出する際は手洗い・消毒をおこないましょう。

 

 

対面形式の講座を開催される先生/主催団体の皆さまへ

対面開催をおこなう際は、参加者の感染リスクを配慮した開催に努めていただくようお願いいたします。講座開催における対策案として下記をご参考ください。

 

対策案)除菌グッズを用意する

アルコール消毒液、ジェル、除菌シート、石鹸など参加者が入室時に各自消毒できる準備をしておきましょう。

 

対策案)開催前に会場を消毒する

開催前に参加者が利用するテーブルや道具を清掃・消毒しましょう。
開催後も同様です。

 

対策案)講師はマスクを常時着用する

講義中、講師はマスクを常時着用しましょう。

 

対策案)ソーシャルディスタンスをとる

参加人数を通常開催時の半分にする、参加者、講師との間隔を開ける、正面に座らないなど感染リスクを軽減する対策を実施しましょう。

 

対策案)講座の時間を短縮する

開催時間を短縮して接触時間を減らすことも有効です。例えば通常2時間で開催していた講座を半分の1時間に短縮し、内容・価格を抑えてみるということも検討してみましょう。

 

対策案)定期的に換気する

これから暑くなる季節ですが、定期的に換気をして空気の入れ替えをおこないましょう。

 

対策案)生徒に触れないようにする

ヨガ・フィットネス、メイクといった講座の場合、指導の一環で生徒にふれる場面があるかと思いますが、感染症対策として触れる指導は自粛し、できる限り口頭で指導しましょう。

 

対策案)生徒同士で道具は共有しない

ハンドメイド、DIYの講座のように道具を使う場合、事前に参加人数分の道具を用意しておき、参加者同士で道具を共有しないようにしましょう。

 

対策案)料理は協働でつくる形式にしない

料理講座などでグループごとに協働で料理をつくる形式は、参加者がそれぞれで料理を作るような形式に変更を検討してみましょう。

 

対策案)懇親会/交流会は開催しない

受講後、参加者同士の対面での懇親会、交流会を可能なかぎり自粛しましょう。参加者同士のコミュニケーションは後日ストアカ上のグループメッセージでやり取りにする、もしくはZoomなどを使ったオンラインでの交流会に切り替えることもご検討ください。

 

対策案)感染症対策についてのポリシー(対策方針)を明記する

上記のような対策を実施する場合は、参加者にも事前に同意していただけるよう講座ページ、予約後のグループメッセージでも告知をしましょう。

 

対策ポリシー記載例

この講座は新型コロナウイルス対策として以下の対策をおこない、
参加者のみなさまにもご協力をお願いしております。 以下の感染症対策に同意いただける方のみ予約をお願いします。 ・講師はマスクを着用し講義をおこないます ・通常の半分の定員でおこないます ・参加者同士の間隔は約1メートルほどとなります ・換気をしながらおこないます(そのため騒音などはご了承ください) ・当日講師が発熱など感染の疑いがある場合は開催を中止しご返金とさせていただく場合があります 参加者の皆さまへのお願い ・参加者は講座中マスクの着用をお願いします ・会場にアルコール消毒の用意がないため、入室前に手洗いをお願いしております ・参加当日は検温をお願いします(37.5度以上の場合は参加をご遠慮ください) *ただしキャンセル締切日時を過ぎてのキャンセルは会場費の関係上、  ご返金に応じることができませんのでご了承ください。

上記の対策ポリシーは記載例となりますので、ご自身の講座でおこなう対策や参加者へのお願いなどを記載しましょう。講座の「参加の際の留意事項」に記載いただくのをおすすめします。


対策が十分におこなえない場合はオンライン化もご検討ください

ストアカでは講座のオンライン化についてご相談を受け付けております。

ストアカオンライン講座相談窓口(対応時間:平日11-17時)
オンライン講座開催の相談窓口についてはこちらをご覧ください >

 

サポートの改善にご協力ください。この記事はお役に立ちましたか?
22人中20人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の内容で解決しない場合は、
お手数ですが下記よりお問い合わせください。

サポートに問い合わせる